機能性食品とは

80年代の半ばに、機能性食品という概念が、国によってつくられました。機能性食品は、健康に興味がある人が、盛んに利用しています。食品には、3つの要素があるとしています。1つ目は栄養機能で、生きていく上で必要な栄養素やカロリー。2つ目は感覚機能で、味や香り、美味しいと感じるもの。体調調節機能は、免疫力を高めたり、老化を未然に防ぐなど、体をつくるための機能です。
体調調節機能をメインにした食品が、食品の中でも機能性食品と呼ばれるものにカテゴリーされます。食品に含まれている、体調調節機能を抽出して、効果的に摂取できるように開発されたものが機能性食品です。機能性食品は、医と食はつながっているという考え方に関わりがあります。機能性食品を補給することで、病気になりにくい体や、健康状態のいい体をつくるというものです。
機能性食品という言葉は日本で生まれたものです。しかし、現在では欧米など世界の各地で用いられています。薬ではないので、機能性食品は、効能を記載することは、法律で禁止されています。厚生労働省が認可している保健機能食品は、機能性食品という定義を参考に、一定の健康効果が期待できる食品として販売できるようにしたものです。保健機能食品として認可を受けた機能性食品ならば、特定の効果を表記することができます。
林檎裁判ソク読み