月別アーカイブ: 2016年3月

保健機能食品とは

病気の回復効果を高めたり、疾患の予防を目的に摂取する食品が、機能性食品と言われるものです。販売されている機能性食品の種類は多種多様です。

健康食品、保健機能食品、特別用途食品の3種類が、機能性食品として扱われています。このうち保健機能食品は、特定保健用食品と、栄養機能食品に分類されます。

以前は、食品に対して、薬のように効能を記載することは、法律で認められていませんでした。サプリメントは食品として販売するため、機能が書けないという問題が起きました。

効能が書けなければ、サプリメントを使う目的を表示することができなくなってしまいます。その分類では、食品の機能性を表示できる食品を保健機能食品とし、認可を与えています。

現在、保健機能食品として、血圧や血糖値、体脂肪に影響があるものや、腸の調子を整えるものなどが表記可能です。保健機能食品として認められたものはトクホマークをつけて販売してもいいことになっています。

機能性食品の形状は様々です。食品と変わらない形をしたものから、錠剤型、顆粒型、カプセル型、ドリンク型などもあります。健康食品のうち、保健機能食品ではないものは、いわゆる健康食品といいます。

健康食品には法律上の線引きはないので、区別が曖昧になっていることがあります。機能性食品を摂取する時には、その商品の特性をよく理解してから使いましょう。